40歳 不妊治療

40代で今から不妊治療を始めようと考えているあなたへ・・・

 

40代の今から不妊治療しても大丈夫かな?
妊娠できるかな?
何から始めたらいいのかな?
病院は普通の差婦人科?専門病院?
いくらくらい費用ってかかる?
仕事と不妊治療の両立ってできる?

40歳を過ぎた年齡で始める不妊治療には何かと不安や疑問があると思います。私管理人は30代から不妊治療を始め、40代に入ってからも数年にわたって不妊治療をしてきました。

 

これから不妊治療を始めようかなと思っているあなたに、少しでも参考になればという思いでこのサイトを立ち上げました。良かったらぜひご覧ください。

 

不妊治療で失敗しないために!

【ミトコア300mg】

 

 

不妊治療を始める前に考えておくべきこと

 

不妊治療を成功させて妊娠するには夫婦で協力することが何よりも大事です。

 

極端な話、男性の場合には精子さえあれば、顕微授精にいたっては元気な精子が1匹いればいいわけですが、女性は本当にさまざまな検査や治療をしないといけません。精神的、肉体的苦痛を伴うのも女性が圧倒的に多いです。

 

治療を始める前には以下のことを夫婦でよく話し合っておいてくださいね。

 

夫婦揃って心から子供が欲しいと願うこと

不妊治療は女性の負担が大きいからでしょうか、どうしても男性はどこか人事に感じているケースが多いみたいですね。夫婦の温度差がとても大きいのが実情です。

 

我が家の場合もタイミング法から人工受精、さらに体外受精にステップアップするときがそうでしたが、男性は不妊治療で人の手を借りてまで人工的に子供を作りたくないと感じる人が多いみたいです。

 

ですが、本当に不妊の原因があったり、40歳を超えていて妊娠しにくくなっている場合、逆に不妊治療を行わないと妊娠できないということもあります。

 

夫婦でどこまで治療をするか、意見を一致させておいてくださいね。そうでないと協力的でないとか、自分には関係ないような態度をとられてストレスがたまりますので・・・

 

また、40歳を超えた妊娠にはいろいろとリスクがあるのでそれらリスクについても夫婦できちんと承知しておいたほうがいいと思います。

 

徹底的に検査をして回数や費用を決めておくこと

40歳を過ぎた場合はあまりゆっくりと治療をしている時間的余裕がないですので、必要な検査があれば積極的に受けるべきです。特に男性は病院に行って検査を受けるのに抵抗がある人がいるのですが女性の検査に比べたら男性はやることといえば、精液検査しかありません。

 

精子を自宅で容器に、または病院に採精室という部屋があるのでそこで精子を採精して提出するだけです。

 

検査はしっかりと受けてくださいね。ただし、注意点として

 

検査結果の数値で悩み過ぎないように

特に血液検査で分かる各数値は毎回同じとは限らないので、たまたま受けたそのときの数値が悪かったからといって数値で頭がいっぱいになって悩みすぎないように気をつけてください。それもストレスになって不妊の原因になってしまいますので・・・

 

また、人工授精や体外受精、顕微授精の場合には、治療費が高額になってくるので金銭的負担も大きくのしかかってきます。
ですから、不妊治療を開始するまえに何回までトライするのか、費用はいくらまで使うのか決めておくといいと思います。

 

 

少しでも早く妊娠すること

妊娠率は40歳を過ぎると少しずつ低下し、逆に流産率や染色体異常の確率は上がってきます。

 

40歳からの1歳の差ってとても大きいので、できるなら1歳でも若いときに妊娠、出産することが望ましいと思います。

 

そのためにも、女性だけでなく最近は男性の精子の老化も言われるようになってきましたので、夫婦で積極的に妊活をすることをオススメします。

 

特に高齢の不妊の主な原因は加齢によることが大きいので、精子や卵子の質を上げることにポイントを置くといいと思います。